【介護コラム】介護職の転職で失敗したときの注意点

yuka0I9A1561_9_TP_V.jpg

大変なことですが、転職に絶対はありません。
「転職したら環境が良くなるだろう」と高を括っていても、現実はシビアです。

転職したら前の環境より悪くなってしまった・・・という人も中にはいます。
もちろん、転職して希望通りの条件が揃った、という人もいます。

ひとつ言えることとして、必ずしも良いことばかりではない、のが「転職」なのだと思います。

DD0I9A8252_TP_V.jpg


今回は「介護職の転職で失敗したときの注意点」について考えていきたいと思います。

転職で失敗したらどうしますか。あなたは転職で失敗したな、と思ったらどのような行動をとりますか。
転職に失敗をして、そのまま現職で働き続ける覚悟はありますか。介護の転職を考えている方がいたら、ぜひ自問自答して考えていただきたいのです。

「また転職先考えないと」などと思って、他の転職先が見つかればいいのですが、実際はそんな簡単にはいきません。

何故かというと、転職のセオリーとして、一度転職をしてすぐに転職をしようとしてもなかなか雇ってくれないのが実情です。信頼の問題なのか、転職の候補先から「この人はすぐに辞める人」と思われてしまうからです。

給料など待遇面が良く、人間関係もよく、働きやすい介護施設であれば、介護職のスタッフも辞めることが少ないので、切羽詰まった人材難は考えにくく、わざわざ「すぐに辞めそうな人」を採用しなくてもずっと長く続けてくれる人を待って採用していけばいいはず。

だからもし転職に失敗をして、もう一度転職活動をして転職先が見つかったとしても、「人手不足で離職率の高い、いわゆるブラックな介護施設」である可能性が高くなってしまっているかもしれません。

YUKA0I9A7452_TP_V.jpg


転職を短期間に繰り返すのはダメ


転職を短期間に繰り返して、良いことは絶対にありません。

転職に失敗をすれば、我慢してそこで働き続けるか、もしくはもう一度転職をするかの選択肢になると思います。
我慢して働き続けるのは間違いなく地獄です、しかもまた転職をしても最初に言った通り、本当に人材不足のブラック企業介護施設しか雇ってくれないと思います。働き続けても、転職をしても地獄。だから最初から転職に失敗しないことが重要なのです。

YUKA863_ok15185909_TP_V.jpg


もう一度勇気を出して転職を考えてみましょう


転職に失敗した人はどうすればいいのでしょうか。すでに転職に失敗してしまってこのコラムを見ている人もいるでしょう。しかし、その場合は、簡単ではないのですが、もう一度転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職を失敗しないために紹介型の求人サイトを利用すれば、良い転職先に巡り会える可能性は十分にあります。

転職を失敗しないために紹介型の求人サイトを利用する


では転職に失敗しないために、いい転職先を見つけるためにはどうするかです。

入社前に聞いていたことと、入社後の現実に間違いがなければミスマッチも防げると思います。だから実際にその施設の現場を知っている人に聞けばいいのです。
でもなかなかその施設で実際に働いている人に聞けることは、少ないでしょう。だから紹介型のの求人サイトを使うことをおすすめします。

SEP_355215221321_TP_V.jpg

求人サイトに載っている情報は、施設側が作っているのでいいことばかりを書いています。だから施設の現場の現実は書かれていません。

逆に、紹介型の求人サイトの場合は、あなたと施設の間に求人サイトの担当者が入ってくれます。

担当者を挟むことで、施設側もあなたに対して嘘はつけません。だから入社後に「聞いていた話と違う」ということになりません。
さらに求人サイトの担当者は実際に現地で働いている環境を見ているので、その施設の人間関係や実際にどんな働き方なのかなどを知っています。
ですので、求人サイトではわからない情報を知った上で転職活動をすることができるので、転職を失敗する可能性がかなり低くなります。

介護の転職を考えている場合には、通常の転職サイトではなく、「介護」に特化した専任アドバイザーが間に入ってくれる紹介型求人サイトを利用するのがオススメです。

<無料で転職相談>
介護のお仕事のポータルサイト【スマイルSUPPORT介護】


「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介


全国41,000件の介護の求人情報を掲載【カイゴジョブ】



介護福祉士のお仕事なら【ベネッセMCM】





介護職員の求人紹介・転職なら ★メドフィット★

メドフィット