消費税増税延期に伴う保育士・介護士の待遇改善費用補填

雇用保険への国庫繰り入れ削減調整を開始
消費税増税延期に伴う保育士・介護士の待遇改善費用補填に


消費増税が先送りされた影響
消費増税が先送りされた影響により予算確保の予定が当初とは異なってしまった社会保障費を賄うために、財務省では雇用保険積み立てに使われていた国庫繰入額を削減するための調整がスタートしています。

介護人材の処遇改善政策や低年金者への一定額支給政策
今回の増税延期に伴い、社会保障費においては介護人材の処遇改善政策や低年金者への一定額支給政策などの予算に影響が出ているそうで、介護士や保育士の待遇改善実現に向けた必要経費として見積もられている国費1000億円を捻出するために雇用保険に毎年繰り入れられている約1500億円を縮小する方針を示しているそうです。

介護士の待遇改善に回す見通し
現政権の政策により雇用情勢が改善、失業給付金額が減少している今、比較的余裕のある数年間はその分待遇改善に回す見通しとなっています。

今後どのような方針が示されるのか注目
他にも、増税延期により再考が必要となっている年6万円を上限とする低年金者への給費措置などはまだ予算確保のめどが立っていないそうで、今後どのような方針が示されるのか注目を集めています。

政府の示す財政政策の手腕が問われている
膨らみ続ける社会保障費。消費増税を先送りにした今、政府の示す財政政策の手腕が問われているときかもしれません。

<無料で転職相談>
介護のお仕事のポータルサイト【スマイルSUPPORT介護】


「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介


全国41,000件の介護の求人情報を掲載【カイゴジョブ】





kawamura20160818253714_TP_V.jpg