高齢者の介護・生活補助ロボットをトヨタ自動車が量産体制に

高齢者の生活補助ロボットをあの車メーカーが開発
2019年度にも量産体制へ


高齢者の生活の補助や介護に使うことができる家庭用のロボットの開発
高齢者の生活の補助や介護に使うことができる家庭用のロボットを開発しているトヨタ自動車。自社の製造技術や制御技術のノウハウや蓄積を生かし、2019年度にも量産体制に入る計画を発表しました。最初は2020年度までに累計1,000台程度の供給を目指していくとのことです。

介護ロボットをトヨタ自動車が量産体制に
トヨタ自動車が量産体制に入ろうとしているのは、2012年に発表されて以来、着実に改良を重ねてきた“HSR(ヒューマン・サポート・ロボット)”と呼ばれる機種。タブレット端末による操作や音声によるコントロールができ、自力での移動が困難な高齢者の代理として移動し、付属のマシンアームで物を拾ったり、ペンやコップを掴み、紙などの薄いものも取得可能です。

人工知能(AI)の研究および開発も追い風に
計画では月額約9万円程度でレンタルする構想で、現在でも東京大学などに実践データの蓄積のために貸与中。年間300台程度の生産ラインが予定されており、現在進展中の人工知能(AI)の研究および開発においても、家庭用ロボット向けに力点を置いていくということです。

HSR(ヒューマン・サポート・ロボット)が注目
ドイツのライプチヒで開催中の世界最大級のロボット競技会『ロボカップ』では、来年からトヨタ自動車の“HSR(ヒューマン・サポート・ロボット)”を用いて、その性能を高めるためのソフトウェアを競う部門が新設される予定。世界中の研究者や企業が注目するプラットフォームになることで、一気に国際的に“HSR(ヒューマン・サポート・ロボット)”が注目を集めることになりそうですね。それにしても2019年度が楽しみになるニュースです。

<無料で転職相談>
介護のお仕事のポータルサイト【スマイルSUPPORT介護】


「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介


全国41,000件の介護の求人情報を掲載【カイゴジョブ】





150912235948_TP_V.jpg