【介護コラム】介護の資格取得で、さらなる高収入を目指す

kawamura20160818403614_TP_V.jpg


介護福祉士やケアマネ-ジャーなどの資格を取り、仕事の幅を広げる


介護の仕事に就いてみると実感するのですが、
介護の専門資格の有無で、明らかに給与体系が変わってきます。

ヘルパー2級、ヘルパー1級、介護職員初任者研修、実務者研修
介護職員基礎研修、社会福祉士主事、社会福祉士など、さまざまな介護の資格がありますが
介護関連の資格があれば仕事の幅も広がってくるので、早期の昇進も夢ではありません。
また、資格手当が付く職場もあるますので、毎月の給料に上乗せが期待できると考えられます。

昨今は介護施設も増えてきており、介護職員も当然ですが
介護職員をまとめる主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)の雇用需要がとても多くなっています。

介護で職場で働いているならならば、
ぜひケアマネージャーの資格は取得を視野に入れて損はないと思います。


yuka0I9A1561_7_TP_V.jpg


ケアマネージャーの資格は年収アップにつながります。
ケアマネージャーと介護職の給料の差は、厚生労働省発表のデータによると約90万円といわれています。

過去5年間の全国の給与データでは、介護のスタッフ職が平均年収約280万円、
ケアマネージャーが全国平均年収約370万円となっており、大きな差があることが分かります。

ケアマネージャーの資格取得条件としては
介護福祉士や介護職員初任者研修の資格保有者で5年
無資格の場合は10年の介護職としての実務経験が必要となってきます。

また、ケアマネジャーは、事務的な仕事がメインとなるので、
年齢を重ねて体力が落ちてきても働けるメリットがあるといわれています。

もちろん介護職員をまとめるリーダーシップやマネジメント力も必要になってくるのですが
職場の中心となる役割を担うので、業務範囲が広く、やりがいのある仕事であると思います。

将来を見据える意味でも、ケアマネージャーの資格取向けて、チャレンジしてみる価値は大いにあると思います。

kawamurakaisatu_TP_V.jpg


また、資格取得だけに留まらず、さらに年収を上げたいと考えているのであれば
、やはり規模の大きい介護施設への転職を視野に入れてもいいのかもしれません。

効率的な経営を実現できている介護施設であれば、そこで浮いた資金を人件費に充当していきます。

これにより、優秀な人材が集まり、さらに効率化が進み、利用者からの評判も良くなって、
介護施設としての価値が高まれば、ますます年収が上がっていく可能性が高まってくるのです。

このような好循環に期待するのであれば、やはりより良い条件の介護施設の転職を考えるべきでしょう。 

基本的には正社員雇用で、できるだけ長く同じ職場で働いていれば、
昇進する可能性が高く、役職手当てなどが付くようになるので、年収が増えます。

また、仕事の幅を広げ、専門知識を深めて、転職に有利な状態を創りだしておくことも必要になります。

TAKEBE_akaiitogirl2_TP_V.jpg

今後、介護職の人材不足は一層深刻になるといわれています。

そのときに、どこの介護施設からも「欲しい」と思われる存在になっておけば、
自ずと待遇はよくなり、年収は増えるものと思います。

介護の資格取得、さらなる好条件を目指せる転職など
将来を見据えてプランを練るのもいいかもしれません。

<無料で転職相談>
介護のお仕事のポータルサイト【スマイルSUPPORT介護】


「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介


全国41,000件の介護の求人情報を掲載【カイゴジョブ】



介護福祉士のお仕事なら【ベネッセMCM】





介護職員の求人紹介・転職なら ★メドフィット★

メドフィット