【介護コラム】介護の職場を円満に退職する方法

YUKA20160818413214_TP_V.jpg

当初思っていた環境と違う、仕事がきつい、給料が安い、人間関係が大変・・・など、
職場環境が原因で「介護職を辞めたい」という人は、現在でもとても多いのが現実です。

周りがすんなり辞めているから自分も・・と簡単に辞めるのではなく
あなたがいまの職場を実際に辞める場合は社会人としての最低限のマナーを守り退職するように心掛けましょう。

「辞めてしまうのだから後のことは気にしなくていい」
「転職するのだから、いまの職場のことは関係ない」などと
下手な辞め方をしてしまうと今後の人生、また次の職場に思わぬ影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

同じ業界に転職するような場合だとオーナー同士が知り合いの場合もあります。
気を付けることとしては、いま職場のことを非難せずに現職を辞めることが上手に辞める方法になります。

CAMERAjyosi_takebe_TP_V.jpg


退職の意思は早めに現職に伝える


退職することを決まっているなら、現職に伝えるのは早めが良いと思います。

しかし、実際に介護の現場は人が足りていないことも多いので、
辞めたくても上司から残ってほしいとお願いされて辞められないという人もいると思います。

介護業界は、人の入れ替わりが激しい業界なので、今月中に辞めることを伝えようと思ってたら、
知らない間に同僚が辞めてしまって、辞め辛くなってしまったという経験をされている方もいます。

あなたが辞めることを決意したのなら、
会社に人手が足りなくても、無理に会社の都合に合わせることはありません。

問題点は、人の出入りが激しいその会社の労働環境に問題があるので、
むしろそういった職場は早めに辞めるべきだと思います。

人手が足りていないから・・・と気を遣っても損をするのはあなた自身です。
仕事の引継ぎなどをしっかり済ませれば問題はありません。勇気を持って退職しましょう。

yuka0I9A1561_5_TP_V.jpg


職場の上司への退職意思の伝え方について


通常1箇月前に退職の意思を伝えれば問題はありませんが
人手が足りていないなど現職が気になる場合は、2箇月前に退職することを伝えれば後任を探す余裕もできるため
現職への配慮もできて時間軸としてこの上ないでしょう。

ただし、「職場を辞める」と決まった人間には
基本的に会社は冷たいものなので、1箇月前の申告で問題はないと思います。

この辺は自分の会社での人間関係やポジションなど考えて判断してくれれば問題ないですが
伝えるのは必ず直属の上司にしっかりと伝えてください。

yuka0I9A1561_4_TP_V.jpg


注意するべき点


仕事を辞める、辞めたいということを伝えると必ず「辞める理由」を聞かれると思いますが、
ここでは絶対に会社への批判は言わないようにしておくことに気を付けてください。

もしも会社での人間関係のトラブルで辞めたいというのが本音だとしても、
まだあなたが会社に残って「体制をしっかりしてほしい」と上司に訴えるのなら別ですが、
既に辞めて転職しようと思っている人間がわざわざそれを伝えるメリットはありません。

辞める本当の理由は言わないで、一身上の都合でということを理由にしておきましょう。

会社の不満をぶつけて辞めるのではなく
「遠方に住む親の体調が優れないので実家に帰って親に付き添いたいから」といった理由のように
あくまで自分の都合ですみませんという気持ちで辞めることを伝えた方がきれいに辞めやすいです。

kawamura20160818403614_TP_V.jpg


まとめ


特に経営状態が悪くブラック企業と呼ばれるような会社の場合だと、
辞めると伝えた途端に給料を大幅カットしてくる無茶苦茶な会社も存在します。

そのためにも介護職のあなたが波風立てないで会社を上手に辞めるには転職活動をしていることを言わないでおくことも大切です。

引き留められることも多いと思いますが、介護職を辞めるのなら自分の決意は固いということを上司にしっかり伝ておきましょう。

<無料で転職相談>
介護のお仕事のポータルサイト【スマイルSUPPORT介護】


「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介


全国41,000件の介護の求人情報を掲載【カイゴジョブ】



全国対応!好条件の求人をあなただけにご紹介!
介護士の転職なら【きらケア】