【介護コラム】介護転職の際に注意する施設長の人柄とチェックポイント

YUKA9V9A8531_TP_V.jpg


介護施設も組織であるため、たくさんの職員が働いています。それぞれ皆立場や雇用形態が違いますし、年齢や性別も違います。
多種多様な人が集まっているので当然、人間関係の難しさが問題になることがあります。

このようなときに重要になるのが「施設長の能力」と言われています。
施設長が施設内の人間関係を把握し、それぞれに気を配ってくれれば、比較的人間関係は上手くいくことが多いのです。

介護施設に転職する際は、施設長の能力が重要なチェックポイントになることが往々にしてあるので注意する必要があるでしょう。

YK0I9A6202_TP_V.jpg

施設長といっても、行政からの天下りや経営者の一族という介護職員と距離を感じる人がいれば、まったく無関係な雇われ施設長など実に多くのパターンがあります。
中には介護の素人で、数年間施設長やって退職するという腰掛け的な方もいます。

そのような方が施設長やっていると朝お茶を飲み、新聞を読んでから施設の中を巡回して、
適当に昼食をとりまた午後になったらお茶を飲んで、書類に目を通しハンコを押して、定時になったら帰るという人もいます。

一方で様々な会議を開き、現場の問題を議論して改善を推進するように意欲的に行動する人もいます。

このように施設長にも様々なタイプがあるので、転職しようとしている施設の施設長がどのタイプに属するのかを見極める必要があるでしょう。
比較的規模が大きく有名な介護施設の施設長の中には、施設の仕事を放り出して、外部の講演や行事に飛び回っている人もいます。
介護施設の知名度があって安定していてそうでも、施設長がいい加減であれば、決して働きやすい職場ではありませんので注意が必要です。

YK0I9A6222_TP_V.jpg

その他にもお金だけに関心があり施設の財布の紐だけは離そうとしないタイプもいます。
こういうタイプは自分の給料を上げるために社内で調整をするなど厚顔無恥なタイプが多いと言えるでしょう。

さらに言っていることとやっていることが全然違うので介護職員から全く相手にされなくなってしまう孤独なタイプもいます。
また、優柔不断で現場の管理職にすべてを任せてしまっているタイプもいます。

逆に自分の考えを現場に説明して、現場からの意見も集約し、話の落としどころを探ろうとする調整役タイプの施設長もいるのです。
さらに言えば、戯言ばかりが先行する学者のようなタイプもいます。

0I9A7278_TP_V.jpg


このように施設長にもいろいろな種類の人がいますので自分と相性が良く働きやすそうな施設長がいる介護施設を選ぶことが転職を成功させる秘訣と言えるかもしれません。

もし転職を検討している施設の施設長が正しい判断を下せないにもかかわらず、自分で意思決定をしたがるタイプである場合には、十分な注意が必要かもしれません。
一概に意思決定といっても施設長だけでできるものではないかもしれません。
にもかかわらず施設長が自分の意志を行使しようとするのであれば必ずそこに軋轢が生まれます。

本来であれば会議を経て決定するような事柄であっても施設長の一存で決定してしまうようなことがあれば現場は混乱するに違いありません。
転職した先でこのようなお騒がせタイプの施設長がいると必ず現場は混乱します。
またこのような施設長の場合には、口は出すけど責任はとらないというタイプが多いのも特徴です。

そのため何かトラブルが起こればその責任が現場に転嫁されてしまうのです。
この状態は非常にストレスがたまるものでしょう。
そうならないためにも自分の上司となる施設長が役職としても人間としても尊敬できるのか。
この人と一緒に仕事がしたいのかという視点で職場を選ぶことが何より重要なのかもしれません。

<無料で転職相談>
介護のお仕事のポータルサイト【スマイルSUPPORT介護】


「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介


全国41,000件の介護の求人情報を掲載【カイゴジョブ】



全国対応!好条件の求人をあなただけにご紹介!
介護士の転職なら【きらケア】