東南アジア3ヵ国の介護福祉士に解禁された訪問介護に期待

2016/08/15 00:00
2017年4月からの実施が目標 東南アジア3ヵ国の介護福祉士の訪問介護が解禁へ 介護現場における人材不足の解決方法は 介護現場における人材不足をどのように解決していくか。厚生労働省は外国人の介護人材の受け入れに関する検討会を開き、議論を重ねてきましたが、8月5日にベトナム・フィリピン、インドネシアという東南アジア3ヵ国の介護福祉士の訪問介護を解禁することを決定しました。 ますます介護人材の需要に高まり 高齢者が増加するに従って、ますます介護人材の需要が高まっ..

続きを読む

もっと見る